意外と知られていない現代を支える金属材料をご紹介!

意外と知られていない現代を支える金属材料をご紹介!

ビール好きにおすすめな金属材料のグラス

ステンレスを並べる

ビールを飲む際のグラスといえば、ガラスのグラスを思い浮かべる人がほとんどでしょうが、さらにビールを美味しくおしゃれに飲むためにおすすめしたいのが、金属材料のグラスです。金属材料のグラスで晩酌を楽しめば、普段とはまた違った雰囲気でお酒を楽しむことができるはずです。金属材料のグラスには様々な種類がありますが、まずおすすめなのが、錫素材のタンブラーです。錫には抗菌性があり、サビにくく手入れもしやすいですし、見た目の味わいもありお酒を美味しく飲むことができるはずです。次に、銅素材のタンブラーもおすすめです。銅は熱伝導率が高い金属ですから、手にも冷たさを感じながら夏場にキンキンに冷やしたビールなどを飲む際にピッタリのグラスということができるでしょう。逆に保冷性を大切にしたい場合には、ステンレス素材のタンブラーという選択肢があります。ステンレスは熱伝導率が他の金属に比べて低いため、保温性や保冷性に優れているのです。また、ステンレスはさびにくく丈夫ですから、安心して扱うことができるという魅力もあります。金属材料のグラスには、見た目の美しさや手に持ったときの感触など様々な魅力がありますので、ビールをより楽しむために自分好みのグラスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

もっとも注目されるタングステンという金属材料

インドアスポーツとしても人気の高いダーツは、性別や年齢を問わず実に多くの人に親しまれています。ゲームの種類も豊富で何時間でも楽しめるというのが人気の理由なのではないでしょうか。ダーツバーやネットカフェなどではサラリーマンや学生たちでいつも賑わっています。ダーツ自体はお店でも借りることができますが、マイダーツを持ち歩いている人も少なくありません。小さく形態に便利だという利点もあります。

大概、ダーツのゲームは三本のダーツで行われることが多いです。よく見るとダーツ本体には金属材料が使われています。これは錘の代わりだということが分りますが、マイダーツを選ぶときにはこの金属材料にこだわる人も多いです。一番人気なのはタングステンという金属材料ではないでしょうか。ダーツショップなどへ行くとこの名前を頻繁に目にすることがあります。

タングステンはスウェーデン語で重い石という意味があるそうです。その名の通り他の金属よりも重いという特質があり、それがダーツには最適なのでしょう。もちろん、このタングステンはダーツのバレル部分に使われているだけではなく、産業分野や医療分野、そして家電製品などにも多く採用されています。

金属材料はどうやって発展してきたのか

今や金属は私たちの暮らしの中では欠かせないものとなっています。あまりにもあたりまえのようにこの金属は目の前にありますので、それがなくなってしまうことなど考えられません。これほど人が生きて行く中で欠かせない金属材料ですが、その歴史などについて考える人は少ないのではないでしょうか。

古代、人間は木や石などを使って狩猟を営んできました。これはもう有名な話ですから小学生でも知っていることです。狩りをするために木や石で作った武器を使っていましたが、いつしかそれが金属に代わりました。人間がこの金属に目をつけ出したことには興味深い仮説があります。それは何千年も昔に地球に落下してきた隕石の中に含まれていた鉄を発見して応用されたのではないかという説です。現に古代エジプトでは天の金属と絵文字に記しています。

こうして金属材料の中でも多く使われる鉄の文化はエジプトから巡り巡って日本へと辿り着くわけです。日本へは縄文時代の終わりごろにやってきたと見られ、あの有名な古事記や日本書紀にも金属に関しての記述が見られます。そして現代では建築分野から産業分野、医療分野などさまざまなところで金属材料は使われるようになりました。

UPDATE TOPICS

TOP